2010年08月28日

2010.8.28

最高34度、最低28度。晴れ。

先週より2度も暑い。どーなってんでしょう。
で、絹の名古屋をあきらめて、半巾にしました。
が、半巾久しぶりで、麻が締まりにくいのも忘れており、あやうく銀座で縄抜け(帯び抜け?)しそうになりました。


長着:グレー能登上布
帯:麻伊勢型青 半巾
下駄:小倉さんの「おばけ」
襦袢:麻+麻

nagagi_norogurei.JPG

obi_asaao.JPG

先週と色目がほとんど同じだ。。
posted by のの吉 at 12:59| Comment(2) | 着物 組合せ

2010年08月21日

2010.8.21

最高32度、最低26度。晴れ。
湿度はあり。

国立劇場の天井近くで熱中症になるかと思いました。
観劇-帰宅-就寝の間に2リットルぐらい水分を取りました。

長着:グレー能登上布
帯:麻八寸紅葉
帯揚:夏薄黄緑
帯締:瑪瑙緒締玉+真田紐黒
下駄:網目右近(祖母からお下がり)
襦袢:麻+麻

nagagi_norogurei.JPG

obiage_natsuusumidori.jpg

obi_asamomiji_menouoijme.jpg


色目的にはこれの夏バージョンです。
代わり映えしません。
来年はステテコ型の裾よけを買おうと去年の夏と同じことを思いました。
いろんな意味で進歩してません。
posted by のの吉 at 23:37| Comment(2) | 着物 組合せ

第八回亀治郎の会

一、猿之助四十八撰の内『義経千本桜』二幕 道行初音旅 清元連中
二、上州土産百両首  三幕


長い。

いつのまにやらエコノミーで長時間移動がしんどくなってたのと同じように、もう三階席はしんどい齢になったのかもしれんね。と思った夏の日でした。




以下ファンでもなんでもないおばちゃんの独り言です。
続きを読む>
posted by のの吉 at 23:37| Comment(4) | 映画 演劇

誇り高きデザイン 鍋島

サントリー美術館
2010/8/11(水)-10/11(月・祝)途中展示換えあり。

桃と宝珠が同じ扱いだったのが面白かったです。
形状が似てるせいでしょうか。
みっちり更紗も綺麗でしたが、余白を活かしたデザインも小袖のようで素敵でした。ぐっとモダンなものもありました。

今右衛門古陶磁美術館
http://www.imaemon.co.jp/museum/annai/index.html
所蔵品が面白かったです。
染付月兎文皿とか動物モノも結構あり、 
こちらで紹介されているものから何点か出品されていました。


一度生で見てみたいと思っていた鍋島段通も参考作品として展示されていました。もそもそした質感でした。

あと、寿の文字が器の真ん中にあると、どうしてもラーメン丼を思い起こしてしまうのが、情けないです。
posted by のの吉 at 23:01| Comment(0) | 美術展 展覧会

2010年08月20日

妖怪・化け猫

平木浮世絵美術館 UKIYO-e TOKYO 
2010/8/4-8/29


化け猫は構図がコレっと決まってきるらしく、間違い探しできそうなのが11点並んでます。
bakeneko1.jpg
こんなの感じとか。
bakeneko2.jpg
こんな感じ。
顔だけ強調されているところが、なんかチャシャ猫?と思いました。
「東海道五拾三次 岡部猫石」という演目?らしい。菊五郎という文字も入ってたりします。

他の妖怪では、
 月岡芳年の「和漢百物語 貞信公」
 歌川国芳の「源頼光公舘土蜘作妖怪圖」
が良かったです。
貞信公の柄をつかんだ妖怪と貞信公の間はなんか飄々とした感じです。

この美術館の展示は500円の価値は十分あるんですが、場所が普段の行動圏外なのと、ついでにココもっていうのが無いので、行くのにいつもちょい二の足踏みます。
チマチマ展示しないで、場所を変えてドドーンと一遍に展示してくれないかなと、いつも思います。
posted by のの吉 at 23:42| Comment(0) | 美術展 展覧会

2010年08月07日

八月花形歌舞伎 第一部

訪欧凱旋公演
義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)

鳥居前
道行初音旅
川連法眼館
市川海老蔵宙乗り狐六法相勤め申し候

三階席です。
二個後ろの4名ほどのおば様たちが幕間を待たずに最初かっらお弁当を食べ始め、辺りに匂いが充満したのはともかく、 割り箸ふりかざしながら 「中村勘太郎よっ」「中村七之助よっ」と結構大きな声で役者の名前を確認?するのには閉口しました。
出席とってんじゃないんだから。


で、本日の感想。

海○蔵は毬○友子なのか。

そのココロは
演技の種類がたぶん二種類。 


です。

海○蔵はモテ男とそれ以外。
毬○友子は老女とお姫様。

発声で大別できるのもニテイル気が。

狐は「それ以外」でしたが、子狐でなく、若狐でモテ男系に振り切ったほうが、いっそよかったような。あの図体でカワイコぶられても。。。
ま、歌舞伎はそーゆーもんでもないんでしょうけど。


でも、海老蔵の容姿と運動神経は本当に見事でした。
posted by のの吉 at 20:55| Comment(6) | 映画 演劇

2010年08月04日

BASARA展

期間 : 2010-0804 - 07
会場 : スパイラルガーデン/1F
http://www.spiral.co.jp/e_schedule/2010/08/basara.html

なんてのか、ミズマ節炸裂な感じでした。

池田学の「興亡史」がガラス越しとはいえ、顔くっつける寸前で観られて、感動しました。
以前みた上野では込んでいたのか、展示形式のせいなのか離れて見た記憶しかなかったのですが、舐めあげるように見ると全然違うもんなんですね。

いや、すごかった。
posted by のの吉 at 20:55| Comment(0) | 美術展 展覧会