2013年09月30日

5000円浮かせると

1日早く退職できる気がする。
インフレとか、消費税の馬鹿上がりとかあると、どうにもなんないけど。


トイレに貼っとくかな。
posted by のの吉 at 22:18| Comment(0) | 雑記

2013年09月28日

顎下のリンパが腫れた

と思ったら、


脂肪ですね。


と診断される。
医師はセサミストリートのカエルのような顔で笑いを堪えていた。
posted by のの吉 at 17:50| Comment(2) | 雑記

未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる

ちきりん 著

ネットでふら〜と古本で購入し、さら〜と読了。


とりあえず、

支出は控えよう。
と思う。



で、そんなことより、なによりこの本、前の持ち主の蛍光ピンクのマーカー付きで、この蛍光ピンクが目に刺さる。

このマーカー部分が、
「専業主婦にとっての後半人生」の項の、
10年の専業主婦後に37歳で大学に進学して50代で大学教授になった方の箇所と、
23年の専業主婦後に駅弁販売パートで驚異的な売り上げを記録して50代で営業所長に抜擢された方の箇所。
「能力や環境とは無関係!」の項の
やりたいことは社会的に意義のあることや周囲の驚くようなことでなくてもかまいません。の箇所。

迷走してるやん。


社畜降りれない身で言うのもなんだけどさ。
posted by のの吉 at 00:39| Comment(2) |

2013年09月22日

9月文楽公演 第一部

再見。
二部もとっていたのだけど、気力体力とも通しは無理そうだったので、二部は友人に譲る。

で、同じ人物だと思っていた人が別人だと判ったり。
首おんなじだしなー。とかそういう問題ではないか。
前回結構寝ていたらしい。。。

どっかから怒られそうだけど、私は寛治さんは単品で聴きたい。
posted by のの吉 at 21:06| Comment(2) | 映画 演劇

2013年09月18日

アンドガール と 

アンベードカル はちょっと似ている。




読みというか音の話。
posted by のの吉 at 23:13| Comment(0) | 雑記

2013年09月15日

九月花形歌舞伎 昼の部

通し狂言
一、新薄雪物語(しんうすゆきものがたり)
  花見
  詮議
  広間
  合腹

二、吉原雀(よしわらすずめ)

同じ列に大向こう(多分素人)がおり、中村屋、音羽屋、高麗屋、松嶋屋、萬屋とかけたおす。贔屓にかけるもんじゃないのか、野暮天。


本題。

新薄雪物語、
松緑と菊之助がようございました。
花見の籬の飄々とコミカルな感じも好きでした。
しかし、役者は顔も大事だねー。お姫さまが一番○っさいく、ってのはどーなのか。格だとか色々とすっとばして、花形だし、梅丸で見たいなぁ。と勝手なことを思う。
義太夫も入ってたんだけど、なんか音が軽めだったような気が。詮議の三味線が鶴澤宏太郎で、ちょっとテンション上がるも、やっぱり軽めに聞こえた。花形だから視覚にひきづられたのかも。


吉原雀、
初心者にはちょい長い。でもあの華やかな書割は大好き。
posted by のの吉 at 23:14| Comment(4) | 映画 演劇

2013年09月08日

9月文楽公演 第一部 第二部

通し狂言 伊賀越道中双六

第一部
和田行家屋敷の段
円覚寺の段
唐木政右衛門屋敷の段
誉田家大広間の段
沼津里の段
平作内の段
千本松原の段
  
第二部
藤川新関の段 
引抜き 寿柱立万歳
竹藪の段
岡崎の段
伏見北国屋の段
伊賀上野敵討の段

前日までの疲れが残っていたせいか、一部では寛治、清治、燕三で寝る。
でも、話はあらかたわかった。
お尻が痛くなった。
人形は和生さんがじんわり良かった。

通しはもうやめようと思う。

posted by のの吉 at 22:50| Comment(2) | 映画 演劇

2013年09月04日

本人が

パトラッシュ言ってた。

http://ameblo.jp/someiro/entry-11606148922.html

まんまと嬉しい。
posted by のの吉 at 00:17| Comment(2) | 映画 演劇

2013年09月01日

九月花形歌舞伎 夜の部

新開場記念 新作歌舞伎
新作 陰陽師(おんみょうじ)
滝夜叉姫

ほーこれを歌舞伎座でやるのねぇ。と冒頭から思う。
主要花形、万遍なく活躍してましたが(アテガキかとも思えなくもない)、海老蔵がようございました。
あと、愛之助。



新作だからネタバレ  かも。>
posted by のの吉 at 23:30| Comment(2) | 映画 演劇