2017年04月22日

赤坂大歌舞伎 夢幻恋双紙

夢幻恋双紙(ゆめまぼろしかこいぞうし)
赤目の転生(あかめのてんせい)

萩尾望都のA-A'を思い出した。
全般ピアノの音が効いていて、現代劇っぽい。

最初の太郎のどうしようもなさが綺麗ごとじゃなくって良かったな。
二番目のはよくある感じだったけど、悪い勘九郎は好きなので、かっこ良かった。
三番目もよくある感じかも。
で、最後で立場が入れ替わる。

好きなお芝居でした。
いい席で観ればよかった。こんなご時世じゃなかったら、もう一回行ったな。

posted by のの吉 at 23:00| Comment(4) | 着物覚書