2017年02月12日

猿若祭二月大歌舞伎 夜の部

とちりより前のど真ん中。桃太郎が二人じゃなかったら見えなかったもしれない。
両脇が品のよい奥様で、食事の速度は育ちというか生活が出るんだな、と思う。

本題。
桃太郎、
文句なくかわいい。
お父さんの勘太郎、七之助のときのほうが身長差がなくセット感が高かったように思う。
勘太郎途中眠かったようで、あくびもかわいい。挨拶前でスイッチが入ってた。

絵本太功記、
これはね、文楽のほうが良いかも。
十次郎は人形のほうが断然若者の色気があるのでね。

梅ごよみ、
うふふーな配役でした。話の最後はえぇぇな感じだった。
菊之助好きだなぁ。
黒字で真ん中に白い線(黒白黒で幅を三等分)が入った帯とか、最後の薄い肌色に烏の着物とか、着てるもんが垂涎もの。
久しぶりに着物着たくなった。着物は無理でもあの帯作ろかな。
posted by のの吉 at 23:00| Comment(2) | 着物覚書
この記事へのコメント
お久しぶりです☆
お元気そうで何より (^-^)b
そして、いいお席でご覧になられてて羨まし〜い♪
(なかなか3階から降りられましぇん)
Posted by 香子 at 2017年02月22日 17:33
>香子様

香子様はほぼ皆勤ではないですか。
私はとびっとびなので、思い切りいきました。
Posted by のの吉 at 2017年02月22日 21:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。