2017年05月05日

髑髏城の七人 Season花

客席回んなくてもいいんだけどなぁ、と思いつつ観劇。回るっていっても遊園地の緩いアトラクション程度で、映像効果がやや増幅される感じはあるものの、奥行きの浅さが印象にの残る。地図のとこなんて歴代超絶かっこよかったのに、パワポを会議室の壁に投影したようだったし。
装置自体の仕様の問題だけでなく、TV屋が関わると、舞台の作りが薄っぺらくなる気が。真田十勇士とか、上野の恐竜展とか。

沙霧は歴代No1だった。小ささと動きのよさと元気のよさと。カーテンコールまで兵庫の青木崇高と駆けまくってった。

小栗旬は前回のリベンジ果たせていた。超安定。信長の影武者設定はどっかに行ってた気がしたけど、年齢的にも良かったように思う。
山本耕史は重量感がありすぎで脆さなさすぎで、寝返ることについての納得感が得られず。殺陣はカッコよかったけど。特に抜いた刀を鞘に納めるとことは、慣れてたこと。
成河は普通にストレートプレイ(表現変だけど)だった。外連味なく上手い。
りょうは好きな女優さんだけど、映像のほうがいいかも。
青木崇高も元気だった。ロッケンロールはやって欲しかった。

古田新太は淡々とオモシロをやっていて、年齢、いや経験かを感じた。ローラーブレードはもう少し練習したほうが、とは思った。
河野まさとの三五も安定してた。磯平は鎌のリズムがいまいちだった。
音楽は以前のほうが良かったかも。4種類やるから色々試したいんだろうとは思うけど。

わりと冷めた感じで観始めたんですけど、やっぱり物語の力に引きずられて、最後はそこそこ面白かったー、という感じに。

posted by のの吉 at 23:00| Comment(2) | 着物覚書
この記事へのコメント
あの劇場、客席が回るのはスゴいけど
他がチャチいですよね(トイレとかw)
捨之介より蘭兵衛の方が強そうだったねって
我が家の共通意見でした(笑)

影武者設定は「風」の方でやりますね。
Posted by 香子 at 2017年05月19日 08:26
>香子さま

三成が二人!でした。
確かに蘭兵衛が1番強そうでした。
なんか間違ってるような。
Posted by のの吉 at 2017年05月19日 23:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。