2016年02月11日

2016.2.11

最高12度、最低2度。晴れ。

長着:結城ちぢみ茶に丸
帯: 唐子名古屋
帯揚:山吹色絞り 
帯締:六瓢
草履:黒田商店の黒エナメル
襦袢:麻(袖黄緑)+かわり縮緬
防寒:黒結城+マフラー+長手袋

chijimi_chamaru.jpg

obiage_yamabukishibori.jpg

ob_karako_mubyou.jpg

秀吉だもんね。
obidome_mubyou.jpg
posted by のの吉 at 22:40| Comment(2) | 着物 組合せ

2016年01月02日

2015.1.2

最高13度、最低3度 晴れ

浅草公会堂2階席は温度高め。

道中:黒結城
長着:ちりめん兎小紋  
帯:織鍔なごや
帯揚:ベージュにこげ茶の絞り  
帯締:薄いピンクと帯留固定の鈍色真田紐+地紙に猿
草履:水色×白
襦袢:麻(袖黄緑)+塩瀬
防寒:ヒート+ふっと足袋下(本日の気温なら不要だった)

nagahi_usagikomon.jpg

obiage_bejyushibori.jpg

obi_tatsumuratuba_saru.jpg

帯留めは地紙に猿。
obidome_sarujiami.jpg
狐とどっちにしようか迷ったんだけど、これ三津五郎の歌舞伎座復帰にしていこうと思っていて、着物の諸々の面倒くささに負けて洋服で行ったのだった、と思い出して。こっちに。
posted by のの吉 at 21:56| Comment(0) | 着物 組合せ

2014年10月26日

2014.10.26

nagagi_matuba.jpg

obiage_bejyushibori.jpg

budoukarkusa.jpg
posted by のの吉 at 00:00| Comment(0) | 着物 組合せ

2014年05月11日

2014.5.10

最高25度、最低17度 晴れ

羽織:雨に燕の黒紗羽織
長着:単、大丸手綱お召し        
帯:なごや、牡丹鳳凰
帯揚:ベージュ綸子(祖母からお下がり)
帯締:馬具
草履:深緑×白×赤ツボ
襦袢:麻(袖黄緑)+塩瀬
その他:補正なし、ステテコ

nagagi_somenanameomeshi.jpg

obiage_momokobejyu.JPG

obi_houou_bagujpg.jpg

ここでしないでいつするの、な帯留め。
obidome_bagu.jpg

posted by のの吉 at 20:55| Comment(0) | 着物 組合せ

2014年05月02日

2014.5.2

最高26度、最低17度 晴れ

三井記念美術館も明治座もそこそこ歩くので、ステテコ着用。

羽織:雨に燕の黒紗羽織
長着:単衣、綿麻一本独鈷(ちぢみっぽいシワあり)  
帯:猫名古屋
帯揚:蓬              
帯締:筍に黒の二分紐
草履:黒田商店の下駄
襦袢:麻(袖黄緑)+塩瀬

syabaori_tubame.jpg

nagagi_ipponndokko.JPG

obiage_yomogiomeshi.jpg

obi_neko_takenoko.jpg

黒田商店の下駄。鼻緒はフランス製のシャンタンとのことだったけど、ごくごく普通のグレー。
履き倒すので、なんにでも合いそうであることを優先。
kuroda_geta.jpg

帯留めは筍。元は目貫。
obidome_takenoko1.jpg

posted by のの吉 at 23:29| Comment(2) | 着物 組合せ

2014年03月24日

2014.3.23

最高17度、最低7度

道中:黒結城
長着:羽っぽい絣の紬
帯:蒲公英
帯揚:帯揚:縮緬鉄紺
帯締:いただきもの水色白
草履:紫×水色
襦袢:麻(袖黄緑)+塩瀬
防寒:なし。

紬のときは腹回り補正なし。紬のほうが断然気安く、しっくりくる。

ngagi_yatsumugi.jpg

obiage_chirimentekkon.JPG

obi_tanpopo_aoshiro.jpg


posted by のの吉 at 00:04| Comment(2) | 着物 組合せ

2014年03月22日

2014.3.22

最高12度、最低5度

道中:黒結城
長着:袷柳
帯:なごや、塩瀬木蓮
帯揚:楊柳柳色
帯締:縁頭人物
草履:深緑×白×赤ツボ
襦袢:麻(袖黄緑)+塩瀬
防寒:ヒート+ふっと足袋下

腹回りは前だけ補正

nagagi_komonyanagi.jpg

obiage_rinzuyanagi.jpg

obi_mokuren_fuchigashira.jpg
posted by のの吉 at 23:08| Comment(0) | 着物 組合せ

2014年02月23日

2014.2.23

最高9度、最低3度。曇り。

9ヶ月ぶり。
腹回りの補正を丸ごと忘れるも、着付けとしては問題なし。
腹回り自体には問題はあり。。。

道中:黒ウール
長着:袷、墨黒結城  
帯:青白縞々
帯揚:抹茶オレンジ
帯締:濃い目ブルーグレー三分+瓢に桜花弁
草履:紫×水色
防寒:マフラー、長手袋、ヒート+ふっと足袋下

nagagi_yukisumikoro.JPG

obiage_machaorengi.jpg

obi_aochima_hisagosakur.jpg


青砥稿花紅彩画ってことで、帯留めは桜の花弁がついている瓢。
sakurahisago.jpg
posted by のの吉 at 23:16| Comment(0) | 着物 組合せ

2013年05月18日

2013.5.18

最高25度、最低16度。晴れ。

長着:単衣、綿麻一本独鈷(ちぢみっぽいシワあり)
帯:麻赤茶(ごりごり系)
帯揚:ベージュ綸子(祖母からお下がり) 
帯締:鯉
草履:桜台に水色麻
襦袢:麻+塩瀬

1日中着物着用なので、ステテコ着用。

nagagi_ipponndokko.JPG

obiage_momokobejyu.JPG

asa_akacya.jpg


posted by のの吉 at 22:50| Comment(4) | 着物 組合せ

2013年04月14日

2013.4.14

最高21度、最低10度。晴れのち曇り。強風。

結局帯は馬鹿柄、でも私にしてはややキンキラ。長着は小紋。
昼間だけなら、道中夏お召しで十分。

道中:夏お召し
長着:袷柳
帯:唐子磁器柄袋帯
帯揚:楊柳柳色
帯締:道明青味がかった白
草履:水色×白
襦袢:麻(袖黄緑)+かわり縮緬
防寒:なし。

nagagi_komonyanagi.jpg

obi_karakofukuro.jpg


posted by のの吉 at 20:06| Comment(0) | 着物 組合せ

2013年03月30日

2013.3.30

最高13度、最低8度。曇り時々霧雨。

とりあえず、今月中に木蓮と蒲公英を締めれたのでよしとするも、この気温で夜は道中:黒結城と伊勢木綿では寒かった。

道中:黒結城
長着:伊勢木綿(単)
帯:蒲公英
帯揚:水色絞り
帯締:土筆と蕨
草履:雨下駄
襦袢:麻(袖黄緑)+かわり縮緬
防寒:なし。

nagagi_iseshima.JPG

obiage_mizuiro.jpg

obi_tanpopo_tukushi.jpg
posted by のの吉 at 22:34| Comment(0) | 着物 組合せ

2013年03月17日

2013.3.17

最高17度、最低9度。晴れ。風やや強し。

防寒対策一切なし。で、演舞場の三階は既に暑い。
道中は夏お召しでなんら問題なし。

道中:夏お召し
長着;伊兵衛 
帯揚:ベージュ綸子(祖母からお下がり)
帯締:木蓮トルコブルー二部
帯:なごや、塩瀬木蓮
草履:紫×水色
襦袢:麻(袖黄緑)+かわり縮緬

nagagi_ihe.jpg

obiage_momokobejyu.JPG

obi_mokuren_mokuren.jpg
posted by のの吉 at 22:22| Comment(0) | 着物 組合せ

2013年02月24日

2013.2.24

最高7度、最低1度。晴れ。

柔らかもの修行で綸子。
着付けにくいのは覚悟してたけど、髪がショートで着物が光ってってと、水前寺清子風味で、鏡の前でちょっと凹む。

道中:黒ウール
長着:綸子青黄暈し
帯:黒果実
帯揚:濃い小豆縮緬
帯締:きねや白に赤ドット
草履:乳緑色×金茶
襦袢:麻(袖黄緑)+かわり縮緬
防寒:マフラー、長手袋、ヒート+ふっと足袋下、ヒートテックハーフパンツ


nagagi_rinzu_aokibokashi.jpg

obiage_koiazuki.JPG

obi_kajitsu_kineya.jpg

帯も失敗。っていうか、仕立てなおそう。へなへなすぎ。いい歳してアンティークって、いよいよ人を選ぶな、と実感する。
posted by のの吉 at 22:37| Comment(0) | 着物 組合せ

2013年02月16日

2013.2.16

最高5度、最低1度。晴れ。

道中:黒ウール
結城ちぢみ唐草
帯:四姉妹次女
帯揚:濃い小豆縮緬 2012.2.5
帯締:縁頭人物
草履:紫×水色
襦袢:麻(袖黄緑)+かわり縮緬
防寒:マフラー、長手袋、ヒート+ふっと足袋下、ヒート+ふっとスパッツ

nagagi_yukichijimimidori.JPG

obiage_koiazuki.JPG

obi_jijyo_fuchigashirahitojpg.jpg
posted by のの吉 at 23:56| Comment(0) | 着物 組合せ

2013年02月10日

2013.2.10

最高10度、最低1度。晴れ。

道中:黒ウール
長着:袷、墨黒結城 
帯:浄瑠璃番付 
帯揚:水色絞り
帯締:四分一寅+茶の三分
草履:乳緑色×金茶
襦袢:麻(袖黄緑)+かわり縮緬
防寒:マフラー、長手袋、ヒート+ふっと足袋下

nagagi_yukisumikoro.JPG

obiage_mizuiro.jpg

obi_banzuke_tora.jpg

posted by のの吉 at 23:02| Comment(0) | 着物 組合せ

2013年02月09日

2013.2.9

最高8度、最低0度。曇りのち晴れ。

帯締め、イマイチぴりっとせず。
本日の教訓。

アンティークの帯留めは前日までに紐を通しておく。


長着:結城ちぢみ茶に丸
帯: 暫名古屋
帯揚:ベージュ綸子(祖母からお下がり) 
帯締:帯締:朱の紫×ベージュ
下駄:紫×水色
襦袢:麻(袖黄緑)+かわり縮緬
防寒:足袋下+ウールコート+マフラー+長手袋

chijimi_chamaru.jpg

obiage_momokobejyu.JPG

obi_shibaraku_akebejyu.jpg
posted by のの吉 at 23:43| Comment(0) | 着物 組合せ

2013年01月12日

2013.1.12

最高9度、最低1度。晴れ。
国立劇場も3階はやはりあったかめ。

道中:黒ウール
長着:伊兵衛  
帯:猫名古屋 
帯揚:水色絞り
帯締:朱の紫×ベージュ
草履:水色×紫
襦袢:麻(袖黄緑)+かわり縮緬
防寒:マフラー、長手袋、ヒート+ふっと足袋下

nagagi_ihe.jpg

obiage_mizuiro.jpg

お太鼓。白銀でも三毛でもないけど、猫。
obi_neko.JPG

タレには鈴もあり。これまた色違いで金なんだけど。
posted by のの吉 at 23:35| Comment(0) | 着物 組合せ

2013年01月05日

2013.1.5

最高5度、最低1度。曇り。

エレガードも使ったけど、湿度が若干あったせいか、さほど埃つかず。
かなり寒い日だったけど、演舞場3階仕様のため、ヒート+ふっとは足袋下のみ。座席体感では丁度よし。


道中:黒ウール
長着:袷、結城モーブ
帯:黒果実
帯揚:ミントグリーン青絞り
帯締:きねや白に赤ドット
草履:水色×白
襦袢:麻(袖黄緑)+かわり縮緬
防寒:マフラー、長手袋、ヒート+ふっと足袋下

nagagi_yukimobu.JPG

obisime_mintog_aoshibori.jpg

obi_kajitsu_kineya.jpg


この結城に縫い紋を入れてややフォーマル仕様にするかどうしようか悩むー。
posted by のの吉 at 22:48| Comment(0) | 着物 組合せ

2012年12月24日

2012.12.24

最高8度、最低3度。晴れ。

静電気に耐えられず、エレガードを導入。すばらしい。もう通年襦袢は麻でいいや、と思う。

長着:結城ちぢみ茶に丸
帯: ビリジアン八寸
帯揚:濃い小豆縮緬
帯締:法螺貝から弁慶に灰二分紐
下駄:トカゲ赤。(鼻緒駄目になる。あと若干足袋に赤がつく)
襦袢:麻(袖黄緑)+かわり縮緬
防寒:足袋下+ウールコート+マフラー+長手袋

chijimi_chamaru.jpg

obiage_koiazuki.JPG

biri_horabenkei.jpg

帯留めアップ。法螺貝から弁慶がひょっと出ている意匠。
obidome_benkeihoragai.jpg
実寸で幅2.9センチ。
小さいほうが眺めるには楽しいんだけど、実際につけると、してる自分ですらなんのことやら。
posted by のの吉 at 22:46| Comment(0) | 着物 組合せ

2012年12月02日

2012.12.2

最高8度、最低4度 晴れのち雨。

3ヶ月ぶりの着物なのに雨。で、綿。

コート;ウール
長着:伊勢木綿(単)  
帯:浄瑠璃番付
帯揚:縮緬鉄紺    
帯締:三番叟+薄灰二分
下駄:雨下駄
襦袢:麻(袖黄緑)+かわり縮緬
防寒:ヒート+ふぃっとスパッツと足袋下。マフラー。これで外で1時間開場を待つもなんとかなった。

nagagi_iseshima.JPG

obiage_chirimentekkon.JPG

obi_banzuke.jpg

番付は南座のもの。
banzuke_up.jpg


posted by のの吉 at 23:19| Comment(0) | 着物 組合せ

2012年07月07日

2012.7.7

最高25度、最低22度 雨どきどき曇り。湿度馬鹿高。

能登上布生成り葡萄
派手目黄緑絽
紺羅
蛙 墨黒真田紐
雨下駄

雨だったのは蛙のせいなのか。そんな影響力はないか。サイズはともかく、どっちかってと蝦蟇蛙系だし。

noto_budou.jpg

obi_ra_kon.jpg


posted by のの吉 at 23:14| Comment(0) | 着物 組合せ

2012年06月02日

2012.6.2

最高26度、最低18度。晴れときどき曇り。

馬鹿高な湿度と原宿の人ごみに倒れそうになる。
ステテコ着用。

長着:綿麻一本独鈷(ちぢみっぽいシワあり)
帯:暫名古屋
帯揚:夏縦絽黄緑×白
帯締:四分一鯉×祖母白薄緑ライン
下駄:雨下駄
襦袢:麻+塩瀬

nagagi_ipponndokko.JPG

obiage_tateromkimidori.jpg

shibaraku_koi.jpg

一日歩くと結構足袋が汚れる。
東京の埃は廃ガスを含んでいるので、重曹でも落ちない。
posted by のの吉 at 22:28| Comment(0) | 着物 組合せ

2012年05月20日

2012.5.20

最高24度、最低19度。晴れ。

新橋演舞場三階でうだりそうになる。
この温度なら麻でいいんじゃなかろうか。
ステテコ着用。

それはそうと、裾つぼまりにどうにもならない。どっかのポイントレッスン行こうかどうか思案中。


長着:単衣、白茶×浅黄格子単衣
帯:麻赤茶(ごりごり系。フライング)
帯揚:夏縦絽黄緑×白
帯締:燕
草履:紫×水色
襦袢:麻+塩瀬

nagagi_hitoeusucyakousi.JPG

obiage_tateromkimidori.jpg

asa_akacya.jpg

posted by のの吉 at 21:17| Comment(0) | 着物 組合せ

2012年04月01日

2012.4.1

最高14度、最低6度

新橋演舞場対策で、防寒対策は一切せず。それでも夜の最後は暑かった。
新橋演舞場昼夜通し対策で、ステテコ着用。これは当たり。朝一は裾裁き悪くて驚いたけど、じきに慣れた。

長着;伊兵衛
帯揚:
帯締:トルコブルー×白斜め
帯:なごや、塩瀬木蓮
草履:紫×水色
襦袢:麻+かわり縮緬

nagagi_ihe.jpg

mokuren_toruko.jpg
posted by のの吉 at 23:53| Comment(0) | 着物 組合せ

2012年03月17日

2012.3.17

最高10度、最低5度。
ずーっと雨。結構な雨だけど、風がなかったのは幸い。

外は雨コートだけだと肌寒い。
新橋演舞場三階(昼は)前半は丁度よかったけど、14:00過ぎには暑くなっていた。

道中:雨コート上下
長着:伊勢木綿(単)
帯:帯:ビリジアン八寸
帯揚:縮緬鉄紺
帯締:海老二枚貝銀工
草履:雨下駄
襦袢:麻
防寒:マフラー、ヒート+ふっと足袋下

nagagi_iseshima.JPG

obiage_chirimentekkon.JPG

obi_birihassun_ebikai.jpg

荒川ってことで、水関連。
obidome_ebi_nimaigai.jpg
江戸時代にはきっと沢山いたと思う。

posted by のの吉 at 18:41| Comment(2) | 着物 組合せ

2012年03月10日

2012.3.10

最高7度 最低2度 曇りときどき小雨

中村座開演に遅刻しそうになり、二枚下駄で走る。
こーゆーとき、襦袢とか裾よけとか緋縮緬だと、昔の蹴出しみたいなのに。とかいらんことかんがえつつ、白の麻襦袢でざかざか走る。

湿度高いと埃はつかない。

道中:黒ウール
長着:袷、結城ちぢみ唐草@今日はなんとなく蕨な感じ
帯:帯:四姉妹次女
帯揚:蓬
帯締:土筆と蕨
草履:雨下駄
襦袢:麻
防寒:マフラー、ふっとの七部丈、ヒート+ふっと足袋下

nagagi_yukichijimimidori.JPG

obiage_yomogiomeshi.jpg

obi_jijyo_tsukushi.jpg

posted by のの吉 at 22:37| Comment(4) | 着物 組合せ

2012年02月19日

2012.2.18

最高5度 最低0度 晴れ

本日判明したこと。
その一 着物でも新橋駅から演舞場まで徒歩10分でどうにか着ける。
その二 新橋でタクシーを捕まえたいなら、いつものショートカット出口はNG。
その二 連日着物の組み合わせを考えるのは私には無理。
    (考え疲れて、二日目はユニクロでいいことにした。)

道中:黒ウール
長着:長着:袷・紫金糸お召し
帯:黒丸帯
帯揚:ミントグリーン青絞り
帯締:金工獅子
草履:乳緑色×金茶
襦袢:青磁色にうさぎ
防寒:マフラー、長手袋、ヒートテックハーフパンツ、ヒート+ふっと足袋下

nagagi_murasakikinshi.JPG

obisime_mintog_aoshibori.jpg

obi_kuromaru_sisi.jpg

どーよ。
kinko_shishi.jpg
な獅子。
posted by のの吉 at 01:52| Comment(2) | 着物 組合せ

2012年02月12日

2012.2.12

最高9度 最低2度 晴れ

ヒート+ふっとの七部丈はあったかすぎて、美術館にはいいけど、劇場は向かない。
単衣の伊兵衛で試したけどあったかすぎ。
コートはウールでなくて結城の道中でも長手袋とマフラーがあれば大丈夫だっけど、劇場に行くなら、ヒート+ふっとの七部丈なしでコートはウールが正解だとわかる。でもウールのコート嵩張るんだよね。。。


道中:黒の結城
長着;伊兵衛
帯揚:水色絞り
帯締:矢だけど今日は松!
帯:なごや、ちりめん、鉄紺
草履:紫×水色
襦袢:麻
防寒:マフラー、長手袋、ヒート+ふっとの七部丈、ヒート+ふっと足袋下


nagagi_ihe.jpg

obiage_mizuiro.jpg

obi_chirimen_matsui.jpg
posted by のの吉 at 22:51| Comment(2) | 着物 組合せ

2012年02月05日

2012.2.5

最高9度 最低3度 晴れ

静電気対策で、ヒートテックをやめて、ヒート+ふっとの七部丈を着用。
ヒートテックキャミを着忘れたにもかかわらず、えらいあったか。
下半身をあっためるって大事なんだな、と思うものの終日劇場だと、正直暑い。

過去の実績からすると、今日の気温ならウールコートでなくても結城の道中でもよかったよう。


道中:黒ウール
長着:袷、結城ちぢみ 破れ立涌
帯:和更紗犬
帯揚:濃い小豆縮緬
帯締:地紙橋と柳
下駄:紫×水色
襦袢:麻
防寒:マフラー、長手袋、ヒート+ふっとの七部丈、ヒート+ふっと足袋下


nagagi_yuukichijimikurotatewaku.jpg

obiage_koiazuki.JPG

obi_inu_ougi.jpg
posted by のの吉 at 23:45| Comment(0) | 着物 組合せ

2012年01月08日

2012.1.8

最高9度 最低3度 晴れ

静電気起きまくり。絹の裾よけのせいだろうか。ヒートテックスパッツのせいだろうか。
結構歩くのわかってたので、短めに着付けたのでさほど埃まみれにならなかったけど、下前が足にひっつきまくり。

黒丸帯は392センチしかないので、まともな二重太鼓にはできないので、なんちゃって二重太鼓(折り上げるところまで二重太鼓で手は一重で通す)でしのぐ。

道中:黒ウール
長着:袷、灰緑御解結城
帯:黒丸帯
帯揚:レンガ色だんだら朧
帯締:象牙龍
草履:紫×水色
襦袢:麻 +かわりちりめん
防寒:マフラー、長手袋、ヒートテックキャミ、ヒートテックスパッツ(膝下10センチぐらいで折り返し)、ヒート+ふっと足袋下

nagagi_mosugyuki.jpg

obiage_akaoboro.jpg

obi_kuromaru_ryu.jpg

この龍寄ると
obidome_zougeryu_up1.jpg
田○正和似。
posted by のの吉 at 22:07| Comment(4) | 着物 組合せ

2012年01月01日

2012.1.1

最高9度 最低3度

日が落ちるとお召しは寒い。
お召しの着付けは短めで最初に着ないと、帯の着付けで四苦八苦してることころでで落ちてくる。

道中:黒ウール
長着:袷、グレー縞お召し
帯:龍灰薄紅
帯揚:白に灰梅
帯締:矢
草履:乳緑色×金茶
襦袢:青磁色にうさぎ +かわりちりめん
防寒:マフラー、長手袋、ヒートテックキャミ、ヒートテックスパッツ(膝下10センチぐらいで折り返し)、ヒート+ふっと足袋下

nagagi_grayshima.JPG

obiage_shiroume.jpg

obi_umeryu_ya.jpg
帯は本物はもそっと綺麗なピンク。

yamatsu.jpg
矢は松っぽくなってて、本物はもそっと金が効いている。

カメラ(リコーCX3)が悪いのか、照明が悪いのか、私の腕が悪いのか。
多分後者2つが原因でうまく撮れない。
リコーよりキャノンのほうがプリンター(複合機)は断然使いやすいと常々思ってたのに、なぜリコー買っちゃったかな。と今更反省というか後悔というか。。。
posted by のの吉 at 22:36| Comment(2) | 着物 組合せ

2011年12月25日

2012.12.25

最高8度 最低3度

道中:黒ウール
長着:袷、墨黒結城
帯:薄抹茶竹(作り帯)
帯揚:茶ラメ綸子
帯締:勧進帳その2
草履:紫×水色
襦袢:麻+変わり縮緬
防寒:マフラー、長手袋、コットンキャミ、ヒートテックハーフパンツ、ヒート+ふっと足袋下

nagagi_yukisumikoro.JPG

obiage_cyarame.JPG

obi_take_kanjincho2.jpg

帯留アップ。勧進帳かつ義経
kanjincho2.jpg
これをしたくて頑張って着物着たんでした。
次いつ機会があるかわかんないし。

posted by のの吉 at 22:11| Comment(2) | 着物 組合せ

2011年08月20日

2011.8.20

一度しか着ていないのを洗濯するのがしゃくだという理由で本日着用。
襦袢麻+能登上布だと膨れてしまう。
呉服屋さんによると、麻on麻は膨れてしまうので、すっきり着るには襦袢は絹しかないのよね。とのことだったが、それじゃ自前で洗えるというメリットがないじゃないか。と思うものの、この着物は膨れると色柄のせいでバカボンっぽくなることが判明。

そして某老舗鰻屋で他のお客さんから従業員と間違われる。


長着:能登上布
帯:紗千鳥
帯揚:絽鈍色
帯締:翡翠環+祖母ベージュ草色縞二分半紐
下駄:津軽雨下駄
襦袢:麻+麻

nagagi_noto.JPG

obiage_ronibiiro.jpg

obi_syachidori_hisui.jpg
posted by のの吉 at 22:38| Comment(0) | 着物 組合せ

2011年07月09日

2011.7.9

最高32度 最低28度 晴れ

ビバ!すててこ。 

長着:能登上布
帯:絽名古屋金茶
帯揚:夏薄黄緑白縞
帯締:鯉+真田紐墨黒
草履:牡丹二枚歯
襦袢:麻絽

nagagi_noto.JPG

obiage_natsu_meronsima.jpg

obi_rokincha_koi.jpg

posted by のの吉 at 22:42| Comment(4) | 着物 組合せ

2011年06月25日

2011.6.25

最高28度 最低20度 曇りのち時々雨

雨に降られる。
この気温で演舞場三階席で着物は無理。

長着:絽、深緑燕
帯:クリーム紗献上九寸
帯揚:絽鈍色
帯締:四分一鯉×墨黒二分(実際は三分もOK)
草履:塗り・鼻緒薄緑
襦袢:麻+絽塩瀬

nagagi_rotsubame.jpg

obiage_ronibiiro.jpg

obi_syacream_koi.jpg

クリーム色はレモンイエローっぽくも見え、若向けすぎた組み合わせになり、失敗。
この長着の絽は結構透けないので、来年は6月頭から着て、6月いっぱいで仕舞いにしようと思う。
絹、暑すぎ。

着付けを若干失敗して、襟を汚したので、お手入れ代がさらにかさむことが決定。
posted by のの吉 at 22:54| Comment(0) | 着物 組合せ

2011年06月05日

2011.6.5

最高25度 最低19度 晴れ後雨。
雨が降る前に帰宅。ただ、一日中湿度馬鹿高。

アイボリー×藍絞りをなんとかまともな単の時期に着たくて頑張りましたが、夏の絞りは素肌に着るかたキモチいいわけで、普通に絞りならやっぱり空気を含むので、あったか目だと判明。
色も思ったより白っぽくないので、普通に袷の代わりにも着ようと思いました。

道中:黒夏絽羽織し。羽織紐は黄緑柄
長着:単、アイボリー×藍絞り
帯:薄抹茶竹(作り帯)
帯揚:夏薄黄緑
帯締・帯留:銀ツバメ流水
草履:紫×水色
襦袢:麻+絽縮緬

nagagi_shibori.jpg

obi_take_tsubame_kuronatsubaori.jpg

珍しく帯周りを撮ってみましたが、夕暮れ時でなんかぼけぼけ。



posted by のの吉 at 20:54| Comment(0) | 着物 組合せ

2011年05月15日

2011.5.15

最高25度 最低14度 晴れ

道中:夏お召し
長着:単、染斜め縞お召し
帯:薄抹茶竹(作り帯)
帯揚:茶ラメ綸子
帯締:帯締:祖母紫×縞(縞側)
草履:紫×水色
襦袢:麻+塩瀬
襦袢:麻絽+変わり縮緬

nagagi_somenanameomeshi.jpg

obiage_cyarame.JPG

obi_rake_sobosshima.jpg

長着はどーしても手綱が欲しくて着尺から作りました。
本当は織で作りたかったんですが、諸々あって染に。
しかも手綱のはずが検討過程で縞の幅が狭くなり、手綱というより、なんか昭和なデパートの包装紙(多分大丸)になってしまいました。
でも気に入ってます。すんごい派手だけど。
posted by のの吉 at 21:32| Comment(2) | 着物 組合せ

2011年05月05日

2011.5.5

最高17度 最低13度 曇り

ラーメンでしくじった挙句、長着はびりーも来たので、洗い張りに出さないと。
祖母の箪笥から来て、裄だけ直したから、びりー仕方なし。

道中:夏お召し
長着:緑銀糸紬(祖母からお下がり)
帯:四姉妹次女
帯揚:ベージュ綸子(祖母からお下がり)
帯締:鯉鼈甲+祖母二分半
草履:紫×水色
襦袢:麻+塩瀬

ngagi_sobomidori.jpg

obiage_momokobejyu.JPG

obi_jijyo_koi.jpg

この紬、八賭が蘇芳色の錦紗(画像よりもっとずっと鮮明)。なんでクリスマスカラーなのか。
ngagi_sobomidori_hakkake.jpg
正直派手なので、次ぎは薄い黄色を目論み中。


posted by のの吉 at 23:55| Comment(0) | 着物 組合せ

2011年05月03日

2011.5.3

最高18度 最低14度 雨ときどき曇り

叔母発の筍を受け取るために母に会う。
少し赤が入っているほうが、母ウケが良いことが判明。
自分の単の時期が長いのは、帯付きで出歩くのが苦手なせいもあることに気がつく。

道中:夏お召し、二部式雨コート
長着:ひさこ叔母小紋
帯:鷺塩瀬
帯揚:ベージュ綸子(祖母からお下がり)
帯締:銀工蜆牡丹+真田紐深緑二分
草履:塗り・鼻緒薄緑
襦袢:麻+塩瀬

hisako_komon.jpg

obiage_momokobejyu.JPG

kurosagi_sijimi.jpg


ひさこ叔母小紋は、裄66センチ。元禄袖。胴接ぎあり。
元禄袖の場合は、襦袢の隅を折って止めておいたほうが、袖の中がもたつかない。
胴接ぎは肩から38.5センチのところから前9センチ、後ろ6センチ。
3センチぐらい上のほうがいい。

posted by のの吉 at 23:41| Comment(0) | 着物 組合せ

2011年04月24日

2011.4.24

最高20度 最低10度 晴れ

絹単+麻襦袢+夏お召し道中で外は快適も、地下鉄は暑い。
地下鉄難儀。

道中:夏お召し
長着:単衣竹柄お召し(祖母からお下がり)
帯:ビリジアン八寸
帯揚:蓬
帯締:アンモナイト+祖母二分半
草履:紫×水色
襦袢:麻+塩瀬

nagagi_takeomeshi.JPG

obiage_yomogiomeshi.jpg

obi_bilijian.jpg
posted by のの吉 at 20:55| Comment(0) | 着物 組合せ